異表記・誤訳 出願人編(その1)

2021年4月10日
アジア特許情報研究会:伊藤徹男

1.中国特許英語データベース出願人収録と検索上の留意点

用語検索だけでなく、出願人名の英語検索では異表記、誤訳やスペルミスなどで洩れが生じるので中国語で検索しないと網羅できないことをセミナーで紹介してきました。出願人については、中国特許庁英語データベース(当時はSIPO英語DBとして紹介していました)では、2010/02/17発行以前は中国語で共願人が表記されていても「英語表記は筆頭出願人のみ」で、翌週の発行日(2010/02/24)以降に「共願全出願人を英表記」するようになったことです。

商用英語データベースと共に調査したHON HAI PRECISIONのデータを示します(表1)。中国特許庁英語データベースの情報はEPOに送られ、DOCDBとなり、さらには商用データベースに反映されていますが、2021年の現在でもEspacenet、PATENTSCOPE、台湾特許庁のGPSSなどの英語情報は「共願全出願人を英表記」するように遡及されてはいません。

表1.英語と中国語での出願人検索の留意点(HON HAI PRECISION 2013年調査)

そして、2010/02/17発行前後の出願人英表記の状況は図1のように紹介してきました。

図1.共願人複数例の英表記(Taiwan TFT LCD Association 他)

最近では、商用英語データベースでも中国語など原語情報を搭載したハイブリッド(英語+中国語)検索できるツールも増えてきました。ここで留意すべきは共願案件では英語検索で全出願人検索ができるのは2010年2月24日発行以降であり、2010年2月17日発行以前の共願人検索では第2出願人の英表記がないので英語検索では欠落が生じる、ということを念頭に検索する必要があるということです。

ところが驚くべきことに、本稿の内容を検証しながら取りまとめている最中に日本版CNIPRの英語情報が大幅に修正されていることに気づきました。2021/3末時点では表1の内容が再現できていたのに2021/4現在では、HON HAI PRECISIONの英語収録が中国語(鸿海精密工业)とほぼ同数になっているではありませんか。
その状況を加味してデータベースの上記留意点を基に出願人の異表記・誤訳問題を見てみましょう。DOCDBをベースとするEspacenet、PATENTSCOPE、台湾特許庁GPSSのデータは2021/3以前の日本版CNIPRと変わりないようです。ちょっとややこしくなりますがご了解ください。

2.内国出願人:HON HAI PRECISION(鸿海精密工业)

HON HAI PRECISIONについては、過去の中国特許調査セミナーで中国(大陸)出願人の代表格として紹介してきました。2012年~2014年(公報発行日)は、年間3000件以上の公開特許があり、中国特許ランキングでもトップの座を維持してきましたが、2017年以降は1000件未満(2020年は285件)となり事業縮小の傾向が見られます。

鸿海精密工业(簡体字)の異表記・誤訳ですが、英語表記ではHON HAI PRECISION, HONGHAI PRECISION, HONG HAI PRECISIONやPRECISIONを略記した「HON HAI PREC」などの異表記やHONGHAI FINE INDUSTRY, FOXCONN PRECISIONのような表記もあります。
2000年-2020年発行公開特許で中国語と英語で検索した数字を比較してみると(CNIPR)、
・中国語表記;鸿海精密工业 (26398件)
・英表記;HON HAI PRECISION等 (18951件) ・・中国語表記より7447件少ない。
上記英表記件数には、HON HAI PRECISION等のスペルミスは含みませんが、鸿海精密工业以外の出願人がHON HAI RECISION等と英訳されているもの(誤訳)は含みます。
(ところが、英語検索結果は2021/4で26535件と中国語表記より多くなりました。増加部分については未検証)

中国語では以下の誤記例を除いて異表記は存在しません。
海精密工业」 5件の実用新案
海精密工业(Hon Hai Precisionと英訳)は、富锦精密工业(Hongfujin Precision Industryと英訳)との共願となっています。「鸭海」は「鸿海」の、「鸭富锦」は「鸿富锦」の誤記です。
(これもDOCDB系データベースを除き、中国版CNIPR、日本版CNIPRではこの誤記が2021/4に修正されました。)

今や中国特許英語情報では当然となっている英語スペルミス(誤記)は中国語誤記より多く、次のようなものがあります。
HONGHAI PREICISON, HONGHAI PRICISION, HONGBAI PRECISSION, HONGBAI PRECISION, HONHAI PREICISON, HONGAHI PRECISION, HONGHAI PROCISION, HONGHAI PRCISION
(これら誤記も2021/4日本版CNIPRでは見出せません。)

鸿海精密工业グループは「FOXCONN」とも称され(ホームページでも「FOXCONN」の表記がある)、グループ各社の中では、英訳社名としてFOXCONNを冠しているものもあります。グループ会社以外でもFOXCONNを冠した出願人もありますので紛らわしいところですが、親会社としての鸿海精密工业が出願上、「FOXCONN」と表記されることはありません。
鴻富錦精密工業との共願で「鸿海精密工业; FOXCONN ELECTRONICS(CN201410484807.7)」など2件ありますが誤訳と思われます。FOXCONN ELECTRONICSで検索すると富士康科技が5件抽出されます。
(2021/4日本版CNIPRで「鸿海精密工业 and FOXCONN ELECTRONICS」と検索すると確かに2件抽出されますが、ダウンロードした英語情報はFOXCONN ELECTRONICSではなく、HON HAI PRECISIONとなっています。検索式が反映されていないような気もするのですが。)

かつては、「鸿海精密工业の調査では鸿海グループ(FOXCONN)の表記「FOXCONN」も加えて調査すべきである」と著名な研究グループからの指摘もありましたが、FOXCONNの出願人表記は鸿海グループの一部関連会社で冠されているのみでFOXCONNで親会社「鸿海精密工业」は抽出できません。

社名にFOXCONNとある主としてグループ会社を含む各社
その御三家は(2000-2020年公知日検索、検索数はGPSS)
・富士康(昆山)电脑接插件(FOXCONN (KUNSHAN) COMPUTER) (公開2471/公告7086)
・鸿腾精密科技(FOXCONN INTERCONNECT TECHNOLOGY) (公開754/公告590)
・鸿准精密工业(FOXCONN PRECISION or FOXCONN TECHNOLOGY) (公開634/公告639)

その他、以下があります(本来の英表記が別に存在する出願人も含みます。順不同)。
・富智康精密电子(FOXCONN PRECISION ELECTRONICS)
・深圳富桂精密工业(FOXCONN PRECISION INDUSTRIAL)
・富士康(南京)软件(FOXCONN (NANJING) SOFTWARE)
・鸿富锦精密电子(FOXCONN HONGFUJIN PRECISION)
・鸿富锦精密工业(FOXCONN HONGFUJIN PRECISION)
・富泰宏精密工业(FOXCONN ELECTRONICS)
・富士康国际(FOXCONN INTERNATIONAL)
・富鴻網(FOXCONN GLOBAL NETWORK)
・鴻勝科技(FOXCONN ADVANCED TECHNOLOGY)
・鸿准精密模具(FOXCONN PRECISION MOULD)

英訳が逆になっている共願案件も十数件あります(CN201010210473.6など)。
富士康(昆山)电脑接插件; HON HAI PREC
鸿海精密工业; FOXCONN(KUNSHAN)PC CONNECTOR

鸿海精密工业の共願状況
台湾の出願人である鸿海精密工业は2000年以降、出願戦略として「中国大陸の子会社を筆頭出願人とする」とした方針で出願しているようです。鸿海精密工业で26398件の出願(公開特許)がありますが、その内21064件は鸿富锦精密工业との共願となっています。
2000年以降の鸿海精密工业単願はわずかに公開特許37件、公告(実案を含む)115件。

鸿海精密工业との共願御三家は(数字は2000-2020発行公開特許/実案を含む公告(GPSS))
・鸿富锦精密工业:(公開21064件/公告9319件)
・富士康(昆山)电脑接插件:(公開1867件/公告7882件)
・富泰华工业:(公開1992件/公告618件)

異表記、誤記以外の誤訳と思われるものも以下のように存在します。
GPSS(Global Patent Search System)で以下のように中国特許を検索すると公開特許44件、実案を含む公告特許38件が抽出されます(2000-2020年発行)。

((HON HAI PREC* or HONGHAI PRECISION or HONG HAI PRECISION) not 鸿海精密工业)@pa ・・鸿海精密工业以外が「HON HAI PRECISION」などと名乗っています。
・鸿富锦精密工业 (HON HAI PRECISION)
・富士康(昆山)电脑接插件 (HON HAI PRECISION)
・鸿准精密工业 (HON HAI PRECISION)
・富晋精密工业 (HON HAI PRECISION)
・南宁富桂精密工业 (HON HAI PREC)
・太仓鸿海精密机械 (HONGHAI PRECISION MACHINERY)
・苏州艾美得新能源 (HON HAI PRECISION)
・张家港市鸿海精密 (ZHANGJIAGANG HONGHAI PRECISION)
・温州鸿海精密阀门 (HONGHAI PRECISION VALVE)
・鸭海精密工业 (HON HAI PRECISION)

鸿海精密工业がHON HAI PRECISION等の表記以外に誤訳されている例として、ALLIANCE FIBER OPTICS PRODUCTSなどがあります。
(これも2021/4日本版CNIPRでは「HON HAI PRECISION」に修正されています。)

10年ぐらい前の資料ですが、参考情報として鸿海精密工业の共願関係図を示します。

図2.鸿海精密工业の共願関係図

3.外国出願人:HOFFMANN-LA ROCHE

出願人名中に各種のハイフンや中黒が使われている出願人としてHOFFMANN-LA ROCHEを取り上げます。欧米出願人にしては珍しく英語異表記も多いようです。(以下の数字は2000-2020発行の公開特許)

英語異表記
HOFFMANN-LA ROCHE, HOFFMAN-LA ROCHE, ROCHE DIABETES CARE, ROCHE SEQUENCING SOLUTIONS, ROCHE MOLECULAR SYSTEMS, ROCHE PALO ALTO, ROCHE COLORADO

HOFFMAN LA ROCHE(33件)は、HOFFMANN LA ROCHE(4249件)よりはるかに少ないですが、異表記としました。GPSSでは、ハイフンのあるHOFFMANN-LA ROCHEとスペースのHOFFMANN LA ROCHEは同じ結果を抽出します。
以下の4英表記もHOFFMANN-LA ROCHE以外の中国語表記はないので異表記としました。
・ROCHE DIABETES CARE(豪夫迈·罗氏)
・ROCHE SEQUENCING SOLUTIONS(豪夫迈·罗氏)
・ROCHE MOLECULAR SYSTEMS(豪夫迈·罗氏 or 霍夫曼-拉罗奇 or 霍夫曼-拉罗奇)
・ROCHE PALO ALTO(哈夫曼-拉罗切 or 哈夫曼-拉罗切 or 霍夫曼-拉罗奇)

英語スペルミス
HOFFMANNLA ROCHE, HOFFMANN ROCHE LA, HOFFMANNN-LA ROCHE, HOFF-NANN-LA ROCHE, HOFFMAI ROCHE, FFMANN LA ROCHE, FHOFFMANN-LA ROCHE, HOFFNANN LA ROCHE, OFFMANN LA ROCHE, RHOFFMANN LA ROCHE, RHOFFMANN LA ROCHE, HAFFMAN-LA ROCHE, HOFFANN LA ROCHE, HOTFMANN-LA ROCHE, HOFMMANN-RA ROCHE, HAFFMANN-LA ROCHE, HAFFMANN-L ROCHE, HOFMMANN-LA ROCHE, HOFMMAN-LA ROCHE
(上記スペルミスで公開特許を検索すると、GPSSでは26件、2021/4日本版CNIPRでは1件)

中国語異表記
霍夫曼-拉罗奇, 霍夫曼-拉罗奇, 霍夫曼—拉罗奇, 霍夫曼一拉罗奇, 霍夫曼・拉罗奇, 霍夫曼·拉罗奇, 霍夫曼-拉罗驰, 霍夫曼-拉罗驰, 霍夫曼-拉罗氏, 霍夫曼-拉罗氏, 霍夫曼-拉曼奇, 霍夫曼-拉曼奇, 霍夫曼-拉·罗奇, 霍夫曼-拉·罗奇, 霍夫曼-罗氏, 霍夫曼-罗氏, 霍夫罗-拉罗奇, 霍夫罗-拉罗奇, 豪夫迈-罗氏, 豪夫迈-罗氏, 豪夫迈·罗氏, 豪夫迈罗氏, 哈夫曼-拉罗切, 哈夫曼-拉罗切, 哈夫曼·拉罗切, 哈夫曼-拉曼切, 哈夫曼-拉曼切, 哈夫曼-拉罗彻, 霍夫曼-罗须 (5061件)

検索では隣接演算でもよいが、出願人フィールドであるので以下のand演算で問題ありません。
((霍夫曼 or 霍夫罗 or 豪夫迈 or 哈夫曼) and (拉罗奇 or 拉罗驰 or 拉罗氏 or 拉曼奇 or 拉·罗奇 or 罗氏 or 拉罗切 or 拉曼切 or 拉罗彻 or 罗须))@pa (5066件)

ハイフンの違い
①霍夫曼-拉罗奇(1096) = 霍夫曼 拉罗奇
②霍夫曼-拉罗奇(1251)
③霍夫曼—拉罗奇(8)
霍夫曼-拉罗奇 or 霍夫曼-拉罗奇 or 霍夫曼—拉罗奇(2355)

誤訳
HOFFMANN LA ROCHEの英異表記で検索すると正訳の中国語出願人以外に以下の中国語出願人が抽出されますが、いずれも誤訳と思われます(カッコ内は本来の英訳)。
・罗氏血液诊断(ROCHE DIAGNOSTIC* or ROCHE DIAGNOSIS or ROCHE DIAGNOSTICA)
・罗氏创新中心哥本哈根(ROCHE INNOVATION CENTER or ROCHE INNOVATION CT)
・罗氏格黎卡特(ROCHE GLYCART or GLYCART BIOTECHNOLOGY)
・费多拉制药(FEDORA PHARMACEUTICALS)
・奥莱松基因组(ORYZON GENOMICS)
・C4医药(C4 THERAPEUTICS)
・萨维拉制药(SAVIRA PHARMACEUTICALS)
・三井化学(MITSUI CHEMICALS)
・箭头研究(ARROWHEAD RESEARCH)
・武田药品工业(TAKEDA PHARMACEUTICAL)
・维尔制药(CONTRAVIR PHARMACEUTICALS英語異表記
・康特罗恩·霍丁格(KONTRON HOLDING)
・DSM IP资产(DSM IP ASSETS)
・西门子(SIEMENS AG)
もちろん、上記誤訳出願人の中国語異表記はそれぞれありますが省略しました。

4.外国出願人:PFIZERとASTRAZENECA

製薬関係として今話題のPFIZERとASTRAZENECAについても見てみましょう。

1)PFIZER

英語異表記
法人格表記のないPFIZERもPFIZER INCを指すことが多いですが、PFIZER INC 以外のPFIZERとしては以下の表記があります。
PFIZER LIMITED, PFIZER ITALIA, PFIZER VACCINES, PFIZER IRELAND

英表記のスペルが長いほどスペルミスも多くなりますが、英表記PFIZERのスペルミスは「PHIZER, PFIZE」ぐらいしか見あたりません。

中国語異表記
辉瑞大药厂, 辉瑞公司, 辉瑞有限, 辉瑞产品, 辉端产品, 辉瑞股份, 耀瑞有限, 耀辉有限, 弗埃塞, 普菲泽尔, 菲泽有限, 菲塞股份
「辉瑞」が「辉瑞健康公司(PFIZER HEALTH)」などとPFIZERの関連出願人としても多用されています。中国語異表記には誤記と思われるものも含みます。「菲泽有限公司」は1988年まで「PFIZER LTD(GB)」として使われていましたが、最近は使用していないようです。

誤訳
・佐蒂斯(ZOETIS), 硕腾有限(ZOETIS) など

2)ASTRAZENECA

英語異表記
ASTRAZENECA, ASTRA ZENECA, ASTRAZENEKA, ASTRA PHARMA*, ASTRA AG, ASTRA AKTIEBOLAG

英語スペルミス
ASTRAZANECA, AZTRAZENECA, ASTRAZENCA, ASTAZEWNECA, STRAZENECA, ASTRAZENE, ASTAZENECA, ASTRA ZENICA, ASTRA SENECA, ASTEA ZENECA, ASTRA ZENIC, ZENECA ZENECA
(GPSSでは20件ですが、2021/4日本版CNIPRでは6件と減少しています。)

中国語異表記
阿斯利康, 阿斯特捷利康, 阿斯特拉捷利康, 阿斯特拉曾尼卡, 阿期特拉曾尼卡, 阿斯特拉泽尼卡, 阿斯特拉珍尼卡, 阿斯拉特曾尼卡, 阿斯特拉制药, 阿斯特拉-技术, 阿斯特拉公司,艾尔科研究

誤訳
・尼科克斯公司(NICOX)
・阿尔比里奥(ALBIREO) など

5.日本出願人

出願人の英語スペルミスは原語(中国語)表記でカバーできるので、どうしても英語情報だけで検索したい、という場合以外は内外国出願人を問わず、問題にする必要はありません。
英表記スペルミスの多い日本出願人の例としてこれまでに村田製作所、住友化学、富士フイルムなどを紹介してきました(別表;データベースCNIPRは「日本版CNIPR」、SRは「Shareresearch」)。

1)トヨタ自動車(丰田自动车)

トヨタ自動車は英語では、「TOYOTA JIDOSHA, TOYOTA MOTOR, TOYOTA AUTOCAR, TOYOTA AUTOMOTIVEなどと表記されますが、中国語では「丰田自动车」または「丰田汽车」と表記されます。
「TOYOTA MOTORS, TOYOTA AUTOMATIC VEHICLE, TOYOTA AUTO-CAR」など数は少ないですが、「丰田自动车」の英訳として存在しますので、異表記としてもいいでしょう。
主な英表記の出現頻度は以下の状況です(1985-2020年公開特許 CNIPR)。

表2.トヨタ自動車英表記の推移

「丰田汽车」は「广汽丰田汽车」「一汽丰田汽车」など中国との合弁企業出願人で使われています。

英表記のスペルミスには以下のものがありますが、中国語で拾えるから、と思えば無視できます。
TOYOTA JODOSHA, TOYOTA JISOSHA, TOYOTA JIDASHA, TOYOTA JIDOSH, TOYOTA JIDOSHI, TOYOTA JIDOSHO, TOYOTA JIDOSA, TOYOTA JIDOUSHA, TOYOTA JIDISHA, TOYOTA JIDOSHIA, TOYOTA JDOSHA, TOYOTA JIDSHA, TOYOTA JIDSHA, KOYOTA JIDOSHA, OYOTA JIDOSHA, TOYTA JIDOSHA, TOYOTO JIDOSHA, TOYATA JIDOSHA, TOYODA JIDOSHA, KOYOTA JIDOSHA, OYOTA JIDOSHA,
TOYTA MOTOR, TOYATO MOTOR, TOYOTO MOTOR, OYOTA MOTOR, NTOYOTA MOTOR, TOYOTO MOTOR, TOYODA MOTOR,TOYTA AUTOCAR, TOYATA AUTOCAR, TOYOTA ANTOCAR, TOYOTA AUTOCAT, TOYOTA AUBOCAR, TOYOTA AOTOCAR, TOYUOTA AUTOCAR, TOYOLA AUTOCAR, JOYOTA AUTOCAR, TOYOTA AUTICAR, TOYOTA MUTOCAR, TOYOTA ANTOCAR, TOYOTA AOTOCAR, TOYOTA AOTOCAR, TOYOTA AUBOCAR
(GPSSでは52件、2021/4日本版CNIPRでは13件)

2)ホンダ自動車(本田技研)

中国語「本田技研」はそのほとんどが「HONDA GIKEN」または「HONDA MOTOR」と英訳されます。「本田技研」英表記の出現頻度は以下の状況です(1985-2020年公開特許 CNIPR)。

表3.本田技研英表記の推移

「本田技研」英表記のスペルミスは以下のようなものがあります。
HONDA GIKIN, HONDA GIGEN, HONDA GIKYO, HONDA GIGEN, HONDA GKEN, HONDA GIDEN, HONDA CIKEN, HONDA GIGKN, HONDA GYKEN, HONDA GICKEN, HONDA GIKON, HONDA KIGEN, HONDA MOTO, HONDA MORTOR, HONDE GIKEN, HODA GIKEN, HOUDA GIKEN, HOND GIKEN, HONDN GIKEN, KONDA GIKEN, HONNDA GIKEN, HANDA GIKEN, HINDA MOTOR, HOND MOTOR, HONDO MOTOR, ONDA MOTOR, HODA MOTOR, HONDO MOTOR
(GPSSでは40件、2021/4日本版CNIPRでは11件)

3)ソニー

中国語では「索尼株式会社」または「索尼公司」で、英表記では「SONY CORP, SONY CO, SONY CORPORATION, SONY K. K.」と、異表記は多くありません。

2011年に北京で開催された、いわゆる中国版特許情報フェアに参加した際に中国IPGと情報交換させてもらいました。中国駐在のソニーの方もその場におられたので「ソニーでは同一代理人事務所でも、法人格が「索尼株式会社」と「索尼公司」の両方を使っていますが」と質問したところ、「以前は、特に気にしていなかったが(代理人事務所にお任せ)、最近では「索尼公司」として出願するように統一している」とのことでした。その状況が数字で示されています。(1985-2020年公開特許 CNIPR)

表4.ソニー英表記の推移

「ソニー」英表記のスペルミス
SONG CORP or SONY CROP or SONU CORP or SONNY CORP or SONY CORY or SANY CORP or SINY CORP or SONY CODRPORATION or SONG CORP or SONG CORPORATION or SOONY CORPORATION
(GPSSでは50件、2021/4日本版CNIPRでは30件)

6.その他

出願人の誤訳問題はINFOPRO2016「中国における特許ライセンス情報収集の留意点」の中で最初に紹介したLG ELECTRONICSの誤訳問題を取り上げたのが端緒でした。それをネタに「出願人の誤訳」としてセミナーで紹介してきましたが、ここではその端緒情報だけを紹介し、「出願人英表記の誤表記」など出願人の誤訳問題は次回に譲ることにします。

共願案件でもないのに「LG ELECTRONICS」と検索して三星电子、LG化学が抽出されたのには驚きました。その状況を紹介したものが下記です。(2016年に検証したもの)

また、同時にLG伊诺特(LG Innotek)の一部がIG Innotekと誤訳されているものが以下の件数存在することも紹介しました。IGの「I(大文字のアイ)」は見た目には「l(小文字のエル)」に見えますので誤って「アイジー」と翻訳されたものと思われます。「LG(エルジー)」は「IG(アイジー)」では検索できません。
IG Innotekと検索すると「公開125件/登録168件/実案3件/意匠2件」(2016年)

「LG ELECTRONICS」および「LG Innotek」の誤訳も指摘させていただいてから時間も経過していることから、データベースの収録が修正されていることも考えられますので次回、その点も含め、「出願人英表記の誤表記(誤訳)」問題として紹介します。

7.出願人の異表記(誤記)に関するまとめ

①中国特許の英語情報には誤記(スペルミス)や誤訳もあるので中国語で検索しないと網羅的な検索はできません。中国語で検索すれば英語スペルミスはカバーできます(英語スペルミスは無視できます)。日本版CNIPRの2021年4月の修正でも英語スペルミスは完全ではないようです。

②中国語+英語で検索可能なハイブリッドデータベースでの英語検索での出願人検索では2010年2月17日発行以前は筆頭出願人しか英語表記されず、第2共願人以降は中国語のみとなっていましたが、日本版CNIPRの2021年4月修正で2010年2月17日発行以前の共願第2共願人以降も「すべて英表記が付与されるようになった」模様です。
(検証例を増やして確認する必要があります。)

③一般的に中国出願人の中国語異表記は少なく、英語異表記は多い。逆に、欧米系出願人の英語異表記は少なく、中国語異表記が多いのが特徴です。

この4月のCNIPRの突然のデータ修正には驚きました。でも「中国語は極力使いたくない」というサーチャーには朗報であることは間違いないですが、修正が不完全なのが残念です。この修正もDOCDBをベースとする商用データベースにまでは現時点で及んでいませんが、いずれ波及するでしょう。動向を見守りたいと思います。

次回は「出願人の誤訳」、さらに続いて「用語の誤訳」を紹介していきますが、それぞれどの程度修正されているか興味あるところです。一部の用語誤訳について確認したところでは未修正でしたので誤訳問題を堂々と紹介できそうです。(いつ修正されるかビクビクしながら)

=========================================
別表:中国語で検索すれば救われるスペルミス

別表1(検証:2016年) 村田制作所(簡体字中国語)の英スペルミス

スペルミスCNIPRSR出願番号
Marata Manufacturing11CN99124306
Marata Mfg33CN96110411
Maruta Manufacturing22CN02126147
Muara Manufacturing22CN03104245
Muirata Mfg11CN01122370
Mura Manufacturing44CN00137507
Murada Seisakusho22CN98100691
Murat Manufacturing44CN97113750
Murat Mfg26CN01111997
Murata amanufacturing11CN97111436
Murata Manccfacturing11CN02102841
Murata Manfacturing22CN02105147
Murata Mannfacturing22CN03159383
Murata Manuacturing11CN96120168
Murata Manufacruring11CN200410032446
Murata Manufactring33CN02142896
Murata Manufactuirng33CN96108292
Murata Manufacture11CN95116879
Murata Manufacturig11CN01131258
Murata Manufacturng22CN200310124840
Murata Manufascturing11CN02148199
Murata Manufauring22CN02105889
Murata Manufucturing22CN96101808
Murata Maufacturing22CN01121682
Murata Maunfacturing11CN02103292
Murata Mnaufacturing11CN00136417
Murate Manufacturing33CN00131775
Murato Manufacturing22CN00133953
Muratra Manufacturing11CN99127502
Muratu Manufacturing22CN97120539
Murauta Mfg11CN97122285
Muruta Mfg44CN97122060
Muruta Seisakusho11CN99123348
MUARA MANUFACTURING  CN03104245.7
MURATA MANUFASCTURING  CN02142896.4
MURAT MANUFACTURING  CN00130798.3
MURA MANUFACTURING  CN01117264.9
MURATO MANUFACTURING  CN00133953.2
MURATE MANUFACTURING  CN00131775.X
MURATRA MANUFACTURING  CN99127502.0
Mutata Manufacturing584637 
MUTATA MFG1638 

「Mutata Manufacturing」のスペルミスも2021年3月末には584件の公開特許を確認できましたが、日本版CNIPRの4月の修正で     263件となりました。修正は充分とは言えません。(Mutata Manufacturing and 村田制作所)/PA

別表2(検証:2016年) 住友化学(簡体字中国語)の英スペルミス

スペルミス出願番号
SumitomoChemicalCN88100382.4
Simitomo ChemicalCN90101064.2
Sumitomo ChemcialCN97117913.1
Sumotomo ChemicalCN00103514.2
Suminoto ChemicalCN00122238.4
Sumiktomo ChemicalCN00802932.6
Sumimoto ChemicalCN01112217.X
Smitomo ChemicalCN01112369.9
Suitomo ChemicalCN01119709.9
Sumotomo ChemicalCN01124839.4
Sumiotomo ChemicalCN01129397.7
Sumitoom ChemicalCN01130251.8
Samitomo ChemicalCN01139625.3
Sumitomo ChimicalCN03107906.7
Sumitomo ChenicalCN03142814.2
Sumitoma ChemicalCN200310109773.5
Sunitomo ChemicalCN200310124877.3
Smitomo ChemicalCN200410031696.0
Samitomo ChemicalCN200410071084.4
Sumitono ChemicalsCN200510083142.X
Mitomo ChemicalCN200880120880.9
Sumitomo Co., Ltd.CN201010200043.6
Chemical CompanyCN201080045251.1
Sumitomo CompanyCN201210012217.5
SumitomoCN201210071549.0
SUMIMOTO CHEMICALCN201180053612.1
UMITOMO CHEMICALCN201080046325.3
SUMATION COCN201310247498.7
MITOMO CHEMICALCN200880120880.9
SUMITOMA CHEMICALCN85101842
SUMITOOM CHEMICALCN01130251.8
SUMIKTOMO CHEMICALCN00802932.6
SUMIOTOMO CHEMICALCN01129397.7
SUITOMO CHEMICALCN01119709.9
SMITOMO CHEMICALCN01112369.9
SUMINOTO CHEMICALCN00122238.4
SUITOMO CHEMICALCN99125584.4

別表3(検証:2016年) 富士胶片(簡体字中国語)の英スペルミス

スペルミス出願番号
Fuji Phot FilmCN200310102794.4
Fuji FimlCN200310123242.1
Fujitsu Photo FilmCN200480042912.X
Fji FilmCN200410002579.1
Fujfilm CorporationCN201210315799.4
UjifilmCN201210101394.0
Fuji Photo EilmCN00136219.4
Fuij Photo FilmCN01123602.7
Fuij FilmCN01115779.8
Fujii FilmCN01141810.9
Fuji Phont FilmCN01120304.8
Fuji Photo FiolmCN02107177.2
Fuji FilimCN00133643.6
Fuji FimlCN03143658.7
Fumi Photo FilmCN96107417.5
Fuji Filmstrip CompanyCN96301478.1
FUJFILM CORPORATIONCN201210315799.4
FIJIFILM CORPORATIONCN201510578204.8

中国語異表記
富士胶片控股, 富士胶片公司, 富士胶片株式会社, 富士写真胶片, 富士写真软片, 富士摄影胶片, 富士胶片摄影

英語異表記
FUJIFILM, FUJI FILM, FUJI FILMS, FUJI PHOTOFILM, FUJIPHOTO FILM, FUJI PHOTO-FILM

思わず苦笑してしまう傑作もある。膨大な特許情報の翻訳でつい眠くなって、あるいは徹夜作業で疲れた翻訳者の仕業か。こんなスペルミスは出願人だけでなく用語にもぎょうさん。

以上