【別表】東アジアおよびASEAN6か国の公開特許収録状況

2020/8/28
アジア特許情報研究会:伊藤徹男

いずれも2019年9月現在の公開特許収録件数(Google Pattensでは公報種別を限定できないため登録特許、実用新案も含む)を各国特許庁データベースと比較した。

別表1:中国公開特許

別表1中国公開特許

中国知識産権出版社(IPPH)データベースCNIPRを元に発行年基準での収録状況を商用データベースと共に示した。黄色くマークした部分はCNIPRより欠落が大きいところ、茶色でマークした部分は収録数が多いところであるが、現時点では収録の欠落や過多についての詳細な検証はしていない。

別表2:台湾公開特許

別表2台湾公開特許

別表中のデータベースの略称は以下のとおり。
 CNIPR:中国知識産権出版社(IPPH)
 TWPAT:台湾特許庁(TIPO)
 KIPRIS:韓国特許情報院(KIPI)
 PDKI:インドネシア知的財産総局(DGIP)
 MyIPO:マレーシア知的財産公社(MyIPO)
 IPOPHL:フィリピン知的財産庁(IPOPHL)
 IP2SG:シンガポール知的財産庁(IPOS)
 DIP:タイ知的財産局(DIP)
 IPLib:ベトナム国家知的財産庁(IP Viet Nam)
 PS:WIPO(PATENTSCOPE)
 Espacenet:ヨーロッパ特許庁(EPO)
 Google:Google Patents
 FOPISER:日本特許庁(JPO)
 商用データベースA~D:(順不同)
  Derwent Innovation、Orbit、PatBase、Shareresearch

別表3:韓国公開特許

別表3韓国公開特許

別表4:インドネシア公開特許

別表4インドネシア公開特許

別表5:マレーシア公開特許

別表5マレーシア公開特許

別表6:フィリピン公開特許

別表6フィリピン公開特許

フィリピンの1990-1998年の茶色で示した範囲は「公開特許」ではなく、「登録特許」

別表7:シンガポール公開特許

別表7シンガポール公開特許

別表8:タイ公開特許

別表8タイ公開特許

別表9:ベトナム公開特許

別表9ベトナム公開特許

以上